動画制作で失敗しないためのコツとは?制作前に押さえておきたい基本事項を解説!

動画制作においては、事前にチェックをしておきたいポイントがいくつかあります。
まずは一番重要になるのが内容です。
テーマが決まっていて、そのテーマを中心に進行していくという事だけ決めて撮影を行うことも有りますが、出来れば進行や流れなども決めておくとスムーズです。
また動画編集をしやすいような割り振りで撮影を行うとあとあと楽です。
様々な方法も有りますが、基本事項を決めてスタートしていくとメリットは非常に大きくなります。

動画制作で失敗しないためのコツとは?制作前に押さえておきたい基本事項を解説!

動画制作を行う上で基本事項を考えていきましょう。
まず第一に何処で撮影を行うのか、そして内容に関してはテーマを決めておく事です。
もちろんそれが決まっている上で撮影を行うのであれば、そこで使う物の準備であったり撮影方法も考える必要があります。
動画制作で重要になってくるポイントにあげられるのが、編集作業です。
その編集をいかに楽に行うことが出来るかは、撮影時のちょっとした工夫も入ってきますので、まずは考えていきましょう。

動画制作はどのような工程で進めていく?大まかな制作フローを押さえておこう!

動画制作でまず行うのは打ち合わせです。
それを動画にして伝える目的や、誰をターゲットにするのかといったことを明確にします。
また予算や納期などの基本的な要項を決めます。
その打ち合わせの内容を踏まえて行われるのが企画立案です。
コンテンツの意図や目的からイメージを膨らませ、実現可能で具体的な企画に落としこみます。
動画制作の成否は企画の工程で概ね決まるといっても過言ではないでしょう。
キャスティングやスケジュール管理などもここで決められます。
そして実際の撮影に入ります。
キャストや機材、撮影場所の確保など様々な手配が必要となるため、事前にどこまで準備できているかが作業効率に影響するでしょう。
撮影が終われば編集・音入れへ移ります。
撮った映像をそのまま流しても面白い動画にはなりませんので、不要なシーンを削除したりテロップや効果音を入れて動画作品として仕上げていきます。
以上のような制作フローによって動画は制作されます。
一度完成した動画は簡単に修正できませんので、問題点を残さないよう慎重に作っていくのが重要です。

動画制作にかかる費用の相場はどれくらい?

動画制作にかかる費用の相場を計算する場合は時間制と歩合制があります。
時間制は人数と時間をかける方法です。
2人に8時間の仕事を依頼する場合は2×8で16になり、3人に6時間の仕事を依頼する場合は3×6で18になります。
時間制では技術の差などは関係ないので初心者にとってはメリットがありますが、経験豊富で高い技術を持っている人にとっては割に合わない仕事になる可能性が高いので条件をよく確認するのがおすすめです。
依頼する側としては費用を計算しやすく、スケジュールも組みやすいというメリットがあります。
一方の歩合制は技術力に応じて支払われるシステムになるので、高い技術を持っている人は大きく稼ぐことができます。
依頼する側も難易度の高い仕事を頼むことができるというメリットがあります。
レベルの高いクリエーターや編集者に仕事を依頼する場合は動画制作の報酬は高額になるので、歩合制の場合は出費も多くなる可能性が高いです。

動画制作を内製化するメリット・デメリット

動画を制作する方法は、大きく内製と外注の2パターンに分けられます。
近年は内製化を進める企業が増加していますが、そのメリットとしてます挙げられるのは制作コストを削減できることです。
動画制作を外注する場合、内容や尺にもよりますが10~100万円ほどのコストがかかります。
これに対し、内製では撮影機材や動画編集ソフトなどの導入費用や人件費はかかるものの、外注するよりも制作コストを大幅に抑えられる可能性があります。
また、企画や修正などをする際のコミュニケーションが円滑に行える、動画制作のノウハウが蓄積されるのも内製のメリットです。
一方で、動画制作を内製化する場合、社内で人材を確保する必要があります。
十分なリソースを割けない場合、本来の業務の効率が低下する恐れがあるとともに、従業員にかかる負担が大きくなる恐れがあるので注意しましょう。
加えて、動画制作の経験がある人材が確保できない場合、制作のノウハウが蓄積されるまでは、高いクオリティの動画を期待するのが難しく、想定よりも制作時間がかかってしまうことも十分にあり得ます。
さらに、撮影に必要な機材を導入したりスタジオを借りたりした結果、トータルコストが外注するよりも高くなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

動画制作を外注するメリット・デメリット

動画制作の方法は内製する方法と外注する方法の2パターンがありますが、外注する最大のメリットは高いクオリティの動画が期待できることです。
クオリティが高い動画を制作できれば、伝えたいメッセージを視聴者に伝えられるので、商品やサービスの購入や利用につながる可能性が高まります。
また、撮影や編集といった多くの工程をアウトソーシングできるので、最小限の労力で動画を制作することが可能です。
そのため、特に多くの人材を動画制作に割けない場合や、制作のノウハウを持った人材が確保できない場合は、技術力がある制作会社に依頼することをおすすめします。
一方で、動画制作を外部に委託する場合、当然ながら費用が発生しますが、高いクオリティを求めるほど費用は高くなります。
予算が限られるという場合は委託先を見つけるのが難しくなる恐れもあるとともに、安い制作会社を利用した結果、クオリティが低くなってしまうこともあるので注意が必要です。
加えて、委託先は自社の商品やサービスについての知識がないので、緊密なコミュニケーションを取らないと想定していたような動画とならない恐れもあります。
さらに、委託先とのスケジュールが合わない可能性があるのもデメリットのひとつで、完成までに時間がかかってしまうこともあります。

著者:夏目元

筆者プロフィール

東京都北区生まれ。専門学校卒業後動画制作の会社に就職。動画制作についてコラムをまとめました。
商品撮影 東京